2017/09/30

テーマ:介護 仕事

介護は誰にでも出来る仕事か

一年ほど前になるが、ホリエモンこと堀江貴文氏が「介護のような誰にでも出来る仕事は永久に給料は上がらない。いずれロボットに置き換わる」とツイッターでつぶやいた内容が介護業界に波紋を広げたことは関係者であれば記憶に新しい。堀江氏は介護業界の構造的な問題(介護報酬が保険制度によって決められている=給料がその枠組みを無視して上がって行くことは難しい)を指摘したに過ぎなかったようだが、実際に現場で働いている介護職からすれば、言い方の問題もあってかとても許せるものではなかったらしい。ソーシャルネットワーク上でのコメントの応酬を見る限り、 「作業として介護している職員もいるので一概に否定することは難しい」と冷静に受け止めている人は一部いたものの、大半の人は、「介護は誰にでも出来る仕事ではない」、「どれだけ大変な仕事かわかって言っているのか」、「だったらお前が認知症介護をやってみろ」とことのほか感情的に反応していたようである。あまり噛み合わないそれらのやり取りに、個人的にではあるが、介護業界が抱えている問題のひとつを垣間見た気がしている。

 

「介護は誰にでも出来る仕事ではない」。弊社は介護業界で離職・転職の相談を受ける人材派遣・紹介会社である。介護の仕事が合わずに業界から離れて行く人も見て来ているだけに、実際そう感じることは多い。あまたの介護職がそう発信したい気持ちも痛いほど理解出来る。しかしながら、今の時点でも約200万の労働者を抱えている業界であり、専門性が必要とは言え、未経験者が就ける仕事でもあることも確かである(経験が浅くても活躍している人がそれなりの数いる) 。そのような業界にあって介護職自身が、「誰にでも出来る仕事ではない」と世間に発信したとしても、介護に関ったことのない人から見ればそれらは少し虚しく映るようである。隠さずに言えば、介護に関りの薄い人は、介護の仕事の大変さ(いわゆる3Kというマスコミに植え付けられたイメージ) は理解していても 、仕事の難しさまでは理解してくれていない(自立支援の概念を聞いて驚く人間は今でも私の周りにたくさんいる)。「誰にでも出来る仕事ではない」=「それだけ精神的にシンドい仕事なのだ」とその部分を特に強くアピールしてしまう介護職も一定数いることから、強く発言をすればするほど、「そんなにシンドイなら辞めればいいのに」、「他に就ける仕事がないから頑張っているだけでしょ」と軽く受け止められてしまっている印象である。

 

”世間から見た介護の仕事に対するネガティブなイメージ” VS ”介護の仕事の難しさやそれらの価値を世間にうまく訴求出来ない介護業界”。ここにこそ、業界としての弱みがあり、成長して行く上でのヒントが隠されているのではないかと私は考えている。もちろん、介護業界が抱えている課題は他にもたくさんあるのだが、世間の持つネガティブなイメージや発信(最近は、それらをビジネスにし始めている人もたくさん見掛ける)に対して感情的に反応したり、業界内だけで文句を言い合っているだけでは、将来を担う、職の選択肢も多いであろう若い介護職の自尊心やプライドは育ち難い。まずは、介護業界や介護の仕事にネガティブな発信をして来る人に対して、実態を踏まえ、冷静にかつ自信を持って発信して行くことが大事である(たとえば以下のような感じで反論して行ってみてはいかがだろうか)。

 

「介護は誰もが就き易い仕事であるが、誰にでも適性がある訳ではない」。

本人が”出来ている”と思っていても、周りからは"出来ていない”と思われている介護職は多い。恐らくは、介護現場で実際に仕事をしている意識の高い介護職であれば、ここを一番に伝えたいのではないかと思われる。人手が不足している業界にあっては、仕事に就き易いことは確かであるが、介護業界関係者以外から見れば、仕事に就けている=介護の仕事が”出来ている”と同じ括りにされてしまっているようである。決して言葉遊びをしているつもりはないのだが、こういった場面では、”出来る”、”出来ない”ではなく、”適性がある”、”ない”を使った方が外部の人には伝わり易い。いくらビジネスで成功しているような人でも、介護職としての”適性”については全くなさそうな(少なくとも自分はこの人から介護サービスを受けたいとは思えないような)人がいるのと似た理屈である。さりとて、これらの評価や判断のほとんどは(利用者本人からの評価が得難い、数値で表すことが難しい分)、介護サービスを提供する側の主観となることが多い。”適性の有無”を判断している人に”適性がある”とは限らない無限のループこそが、介護の仕事の難しさのひとつであり、それらを理解している管理職がそこまで多くないことが更に介護現場の問題を複雑化させている理由のひとつでもあるのだが、、、それらの話は別の機会に譲ることにする。

 

「介護の仕事は、ロボットと介護職が共存できる余地がたくさん残されている」。

介護の仕事は(人が不足するなら)ロボットに任せておけばいいと思っている人は多い。恐らくは介護がそれだけ定型化された仕事(同じことの繰り返し=単純作業)だと思われているからであろう。確かに、実際の介護の現場においては、(ロボットに任せられるような)定型化された業務はいくらかは存在する。しかしながら、それらの前提として介護は、介護サービスを受ける側の人生であり(高齢者介護に限って言えば)余生をデザインする仕事であり、ロボットが最も苦手とされているクリエイティブな思考が求められる難しい仕事でもある。ロボットが介護現場に増えて来れば、介護職は今まで以上に付加価値の高い介護サービスを提供できる可能性が高い。それに、ロボットや人工知能に置き換えられると言われている仕事は、他にもたくさんある。日本に存在する業務の5割強はロボットによって自動化できるといった調査結果(米マッキンゼー・アンド・カンパニー)もあるくらいである。置き換えられる仕事に、給料の高い低いは関係ない(むしろコスト的に高い人たちの方が効果が高い分、置き換えられ易いと言われている)。「介護は誰にでも出来る仕事である(自分たちの仕事の方が難しい」とネガティブな意見に共感してしまう人たちの仕事の方がまずはロボットに置き換えられてしまう可能性の方が高い。

 

介護業界が抱えている構造的な問題は、一朝一夕に解決することは難しい。しかしながら、現場で働く介護職が社会の文脈に沿って介護の仕事の価値を発信して行くことは可能である。我々は、介護職がプライドを持って働けるよう支援して行きたい。「介護は誰にでも出来る仕事である」といった心ない批判に負けて欲しくはない。ネガティブな発信や記事を目にする度に、たぎるような思いが募る今日この頃である。