2018/12/31

テーマ:介護 仕事

親の死から考える介護の仕事の大変さ

今年もあと僅かで終わろうとしている。月日が経つのは本当に早い。介護業界には(来年実施に向けた)介護職の賃上げルール決定や外国人介護職に関係する改正入管法成立など今年もいろんな動きがあったが、個人的には高齢の母親が癌で他界したこともあり、自分の死生観が大きく揺らいだ一年であった。随分と前に父親の死(同じく癌)を経験していた分、僅かながらでも冷静に受け入れることができた気もするが、それに至る経緯含め、やはり身内の死は辛いものである。数ヶ月経った今でもいろんな思いが巡っている。

 

最近は、認知症高齢者や末期癌患者の死に関して、美談か醜聞どちらか極端な記事を目にすることが増えて来ている(記事になるくらいだから当然でもある)。しかしながら、やはりそれぞれの家族にはそれぞれの事情があり、一言では語り難いのが身内の死の実態であろう。私自身、(同居していた僅かな期間)母親の介護に携われたことや終末期にお世話になった自宅近くの医療・介護(病院だけでなく、訪問診療医や看護師、介護の仕事に携わる全ての)関係者の皆さんには感謝の気持ちで一杯である。とは言いつつも、人には言い難い、ちょっとした(治療に通っていた遠隔地にある別の)医療関係者とのトラブルや家族の事情により最期まで自分の家で看取ることが出来なかった後悔は、恐らくは暫くの間(もしくは一生)引き摺るに違いない。

 

「まさかこの年でこんなん(癌)なっちゃうとはね(どこか自分の死を受け入れられていない様子)」。「ホスピスには入りたくないわ(最期まで治療を諦めない)」。「もしもの時は全て子どもたちの判断に任せるの(最期まで自分がどう死にたいかまでは口にしない)」。親戚や友人が見舞いに訪れる度に母親が口にしていたせりふである。最期を意識(覚悟)できない親に、「最期くらい好きに生きろ」と言うのも酷である。記事でよく見かける末期癌患者の悟った(≒今の私が理想とする)死とは程遠く、本当にこのまま死なせてしまっていいのかと思えるような終末期。有料老人ホームやサービス付き高齢者専用住宅などでも看取りサービスを始めている今の時代、寄り添ってはいるものの轍から抜け出せない自分の無力さをただただ痛感するばかりであった。

 

人はみな慣れぬ齢を生きているユリカモメ飛ぶまるき曇天  永田 紅

 

生化学研究者でもある歌人の永田紅がさん詠った一首である。年齢的にひと括りにされてしまう高齢者も、実のところは、何十何歳になってもはじめて迎える年齢である。子どものために必死に働いて来た戦中戦後生まれの高齢者ほど、自分のために生きることに慣れていない。最期は好きに生きた方がいいと言われても、死生観が整わない中、どう生きていいかさえわからない(自分の親と似たような)人も多いのではないだろうか。関わる家族もきっと悩んでいる。介護現場が混乱しているそもそもの原因は、日本人一人ひとりの死生観が定まっていないことにあると言ったとしても恐らく否定することまでは難しい。板ばさみになりがちな(明確な答えがない中、振り回されるだけ振り回され、時に無茶なクレームを受けてしまう)介護の仕事に携わる関係者の大変さは計り知ることができない。親の死の話からで恐縮だが、介護職やその関係者に敬意を払うとともに、年末年始を介護の現場で迎える全ての関係者に思いを馳せ、今年のブログを締め括ることにする。